デート中のテカリを改善させる方法を紹介!もうテカってるとは言わせない…

夏に近づいて、気温が高まり、湿気が多くなってくる時期。

私は外出中、顔のてかった人を見かけるようになりませんか。

特に、デート中だったり、カップルで歩いていて、片方がてかり気味かと相手の人がどんな気持ちで歩いているのか気の毒になってしまします。

ですが、私も人のことを言える立場ではなかった!午前中に某大手化粧品メーカーのフェイスクリームを塗って、よし万全と思っていても昼を過ぎたあたりから怪しくなってきて、てかり始めてきてしますのです…

どうしても、顔がてかり始めると不潔に思われているんだろうなと思ってしまい、自信をもって外出することができなくなってしまいました

ですが、そんな問題にも絶対に解決方法はあります

今回は、以下のことをして、私はテカリを改善させました!という紹介をしたいと思います。

言いたいことをサキドリ!!
肌の潤いでテカリを改善!

まずは、ざっと原因を理解!

シャーク先輩
原因を理解しなきゃ、対策は立てられないよね!

ということで、男女両方に当てはまる皮脂の過剰分泌の原因を簡単に紹介します。

保湿が足りない

保湿剤は何となくべたつきがあるので、テカリが気になっている人には、余計てかってしまうように思えてしまうあまり、保湿を敬遠してしまいがちです。

そもそも、皮膚がべたつきの原因である皮脂を出すのは、顔の潤いが足りていないSOSとして分泌するのです。

つまり、保湿を万全にしていれば、余分な皮脂を分泌せずに済むため、べたつきも抑えることができます

私も、乾燥しているとなんとなくバタつきを抑えられる気がして保湿をしていなかったという典型的なこのパターンに合致していました。

(追記)

顔の潤いが足りていないので皮脂が出てくる」というのは、あぶらとり紙やティッシュでべたつきを取り除く回数が多いことにも関連しています

皮脂を取り除きすぎるあまり、肌の潤いが奪われ、乾燥状態と同様にさせるのは避けましょう。

洗顔のし過ぎ

夏に近づくあたりから、朝起きると、特に鼻の周りなどがべたついていて不快な気分になると思います。

ベッドからそのまま洗面台へ、最近話題の皮脂が取れる洗顔フォームで洗い終えた後のお皿並みに、きれいさっぱりと顔のあぶらを落としに行きます。

A子さん
あぁ、いい気持ち…

しかし、それが日中に皮脂が分泌される原因の一つとなっているかもしれません。

先程と同様、顔の皮脂を落としすぎてしまったかその洗顔フォームの効能がその人に合っていないほど効きすぎているのかで肌の乾燥を招いて過剰な皮脂の分泌へと導いている可能性があります。

洗顔をしたら、必ず、乳液や保湿クリームでの肌ケアを忘れずに肌に程よい潤いを与えてあげてください。

普段の肌のケアが雑になっている

僕は、ある日、肌の古い角質を落とすピーリングの快感に目覚めてしまいました。ピーリングを初めてやったとき古い角質がぽろぽろ取れるし、次の日の肌質もよくなっている感じがして、3日に1回やっていました。

ピーリングの最適な頻度は週に2回といわれています。でも、毎日やっているわけではないですよね。

単純に、その頻度が肌に合わなかったのもあるでしょうが、ピーリング自体古い角質を落とし新しい肌にする。つまり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促します。しかし、新しい肌は、堀のない城のようなものでバリア機能が機能していないので、刺激に弱いのです

そのため、肌が乾燥しやすくなり、皮脂が増えてしまうのです。

保湿不足&高頻度のピーリングは皮脂を過剰に分泌するには好条件となってしまっていたわけです

ただピーリング自体は、肌を明るく見せたり、ニキビ等の肌トラブルも予防できるものなので、条件を守って正しく使いたいですね。

肌には個人差があり、頻度や必要性は人それぞれ異なっているので、自分の肌と相談しながら決めなくてはいけません

 ストレスの溜めすぎ

A子さん
イライライライラ…
なんでも先生
いつもイライラしてるな。顔のあぶらはそれが原因かもしれんぞ…

保湿が足りなかったり、あぶらとり紙を使いすぎたり、肌のケアが雑だったりするのは、外的刺激であり、それがテカリの原因となっていることは前述で説明しましたが、どうやら、内的刺激もあるようです。

ストレスを感じると免疫や代謝に関与するストレスホルモンが分泌されます。

しかし、そのストレスホルモンは、肌に潤いを与えている重要成分であるセラミドを分解してしまいます

よって、乾燥を招いてしまうことでテカリへとつながってしまいます

また、株式会社資生堂が実施した「ストレス負荷時の肌生理に関する測定試験」において、精神的ストレスを受け続けた人は、受けなかった人よりも皮脂の分泌量が約1.7倍に増加したということがわかりました。

そのため、単純に考えれば、彼氏/彼女が超天然だったり、時間にルーズ、言動がイラつかせるといった自分に無意識でも精神的ストレスを与える相手と付き合っている人は、ちゃんとしていて自分に合っているストレスを感じない相手と付き合っている人に比べて、1.7倍も皮脂が分泌されることになります。

デートであれば、それが1日中続くので、分泌量はより多くなるかもしれません。

ストレスの溜まる相手とはできるだけ付き合わない方がいいのかもしれません。笑

この4つの中で一つでも当てはまった人は、早速、明日から以下の方法で改善していきましょう。

対策

シャーク先輩
よし、早速対策へと移ろう。

睡眠をしっかり摂る

 テカリへと導く乾燥肌と睡眠の質には密接な関係があります。

肌の潤いは、主に角質に存在していて肌の水分保持機能や外的刺激のバリア機能を持つセラミドといった肌の角質細胞の間を埋める「細胞間脂質」で保たれています。

これは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって生成されていますが、睡眠不足に陥ることによって、成長ホルモンが分泌されない影響で肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなり、結果的に、細胞間脂質も作られにくくなってしまいます。

成長ホルモンを分泌させるには、睡眠のゴールデンタイム(午後10時~午前2時)に寝ると効果的であるとされる説は、近年の研究により、真実でない可能性もあるため、その他の方法を紹介です。

  • 朝、起きた直後に日光を浴びる
  • 寝る前に5分ほどストレッチをする
  • 寝る直前はスマホやPCのブルーライトを見ない
  • 日中、有酸素運動をできるだけする

最低限これらを守っておけば、格段に睡眠の質の向上が期待できます。

食生活に注意を

 肥満の人は、標準的な体系の人に比べると、なんとなく顔の皮脂の分泌量が多いように感じる人もいるかもしれません。(偏見ですいません…)

ジャンクフードや中性脂肪に直結しそうな食品、肉といった食品ばかり食べているとそのまま顔の皮脂の過剰分泌へとつながってしまうのです。

それなら、単純にそれらの食材・食品をとらなければいいだけの話ではありますが、皮脂量の減少に関連してくる栄養素のある食材を忘れてはいけません。

皮脂の分泌を抑制する栄養素

<ビタミンA>

肌の保湿効果やバリア機能。赤身肉、赤身魚、ウナギ

<ビタミンC>

皮脂の分泌を抑制、美白やニキビ対策。果物、緑黄色野菜

<イソフラボン>

皮脂の分泌を抑制する。豆乳、大豆製品

皮脂を分解する栄養素

<ビタミンB2>

皮脂の分解作用・アンチエイジング効果。青魚、鶏肉、豚肉

これらの食材をとるように心がけたいですね。

肌のケアを丁寧に丹精込めよう

洗顔

よくCMで泡で洗いましょうと言われるように泡立てネットなどを使って程よい量の泡を作って洗いましょう。

泡だけで毛穴に詰まった汚れは十分に落とすことができます。

体はゴシゴシ洗うような方でも顔の肌を同じ要領で洗ってしまうと余分な皮脂まで落としてしまい乾燥肌になってしまうかもしれません。

また、顔をふくときも肌を傷つけないように肌に優しいタオルで丁寧に吹くことを心がけることも大切です

保湿

洗顔後、そのまま顔を外気にさらしておくと、私の場合、肌がカピカピに乾燥してしまいます。

先ほど触れた通り、それがテカリの原因を作り出していました。

肌には常に潤いを与えておくことが重要なのです。

終わりに…

A子さん
顔にテカリが発生してしまう原因とそれを改善する方法を実体験を踏まえて理解できました!
なんでも先生
特にテカリが気になりだす夏が来る前に、しっかりと対策を実践するのじゃ!

参考文献

https://josei-bigaku.jp/oilhadacare6669/

ゲ…ストレスで皮脂量は1.7倍増に!汚肌を防ぐ簡単リフレッシュ法3つ

https://howtwo.co.jp/article/1175302

https://naturesway.jp/shop/t/t1559/