高麗人参の効果が想像以上!サプリメントも紹介

高麗人参。漢方界でのスーパースターのような存在ですが、実際、サプリメントなどでは効果がないといった声も見られます。

ですが、長い歴史の中で、特に東アジアの中で確かに得てきたその絶対的な信頼性は確かなものであり漢方の王様とまで呼ばれています。

サッカーJリーグの三浦知良のような存在ともいえるでしょう。

まさにレジェンドオブレジェンド…

実際、私は漢方の薬草の名前とかなんかよくわからないものばかりですけど、高麗人参の名前はパッと答えられます。朝飯前です。

それもそのはず、高麗人参の学名は、Panax ginseng C.A. Mey.

この意味は、「万能薬」です。さすが、高麗人参…

全然知られてない歴史、わかりやすく解説。。

高麗人参、生まれ(原産地)は中国・遼東半島から朝鮮半島にかけての地域、中国東北部やロシア沿海州にかけての地域に分布しています。

高麗とは、朝鮮半島のことですね。

当時は、非常に入手困難であったことから、王侯貴族の間でしかもてなされることがなかったとか…。

古代中国では、皇帝がわざわざ家来に高麗人参の捜索を命じるほどだったので、非常に珍重されていたことが分かります…

ですが、奈良時代になり、なんと、その大変貴重な高麗人参が中国から日本の天皇へ献上されることになりました。

シャーク先輩
中国、謝謝!

これが、日本と高麗人参の繋がりの始まりとなっています。

時は経ち、江戸時代。その優れた効果から日本国内でも信頼されてはいたものの国内栽培が不可能だったので、朝鮮半島からの輸入に頼るほかありませんでした。

また、幕府の財政圧迫の結果、銀貨の銀の純度がますます低下していったにもかかわらず、銀純度の高い高麗人参貿易専用の「人参代往古銀」が作られるくらい高級品だったので、一般庶民は、とてもじゃないが手を出すことはできない

しかし、そんな中、「暴れん坊将軍」でお馴染みの八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じて朝鮮半島で種と苗を入手。試行錯誤の後、各地方の大名にその種を与えて栽培を促進させました。

こうして、高麗人参、日本での栽培がスタートしました!(吉宗、ありがとう!)

シャーク先輩
吉宗、ありがとう!

高麗人参とにんじんって違うんすか!?

高麗人参はウコギ科の多年草。

にんじんはセリ科の越年草。

ありがとうございます、全然違います。

多年草や越年草は、植物の種類なので気にしないでください。

じゃあ、なぜにんじんは人参という言葉が付くのか…

人参は高麗人参のことで、にんじんは胡蘿蔔(こらふ)という名前でしたが、同じ渡来品で大きな根の部分が主であるという点で、似てるから胡蘿蔔は「にんじん!」と呼ばれるようになりました。

シャーク先輩
ものまね芸人が本家を越えたみたいなことだね。

高麗人参の効果、わかりやすく解説です。

超ビックリ!
シャーク先輩
キングオブ漢方の力、見せてもらおうか…

ここでは、高麗人参を特に効果のある形に加工した紅参の効能を紹介します。

まず、薬草人参にはサポニンという物質が含まれています。

サポニンは、ほとんどの植物が持っている物質ですが、 人参におけるサポニンの含有量はずば抜けていて、種類も40種類以上と豊富です。

また、人参オリジナルのサポニンはジンセノサイド(ギンセノシド)といいます。

そのサポニン、ジンセノサイドがカラダ全体に作用して効果を発揮するのです。

さらに、高麗人参にはサポニンだけでなく、良質なビタミン・ミネラル・アミノ酸等々まで含有されています。

なんでも先生
ということで、高麗人参の効果、とくとご覧あれ~!

※一つ一つ紹介すると、見ている方は半分以下ないくらいで眠くなってくると思うので、代表的で有名なものだけを紹介します。

抗酸化作用で生活習慣病予防だ!

人間は、日々の営みの中で大量の酸素を使わなければなりません。

しかし、その中で、すべての疲労の根本的原因である活性酸素という物質が生まれます。

普通、活性酸素の酸化作用でウィルスなどを分解する働きを持っていますが、同時に、それが強力すぎるがゆえに自らの細網までダメージを与えてしまいます。

疲労はその蓄積したダメージから細胞の機能が低下することで起こる身体的なパフォーマンスの低下なんです。

また、活性酸素は、「酸化」つまり、カラダ中をさびつかせることで、免疫力の低下、血管をもろくしたり、脂肪を酸化させるといった健康的な被害を与えます。

活性酸素が引き起こす悪影響(生活習慣病関連)
  1. 免疫力の低下
  2. 脂肪を酸化させる

シャーク先輩
考えるだけでも、なかなか恐ろしいよ…

ただ高麗人参に含まれているサポニンの抗酸化作用は活性酸素を除去する働きがあるため、これらすべてに作用して、三大生活習慣病を予防できるともいわれています。

ありがたい恩恵
  • がん予防
  • 糖尿病予防
  • 心筋梗塞・脳梗塞予防

まず、サポニンは、免疫機能を代表するリンパ球の1種であるナチュラルキラー細胞を活性化することで体内に侵入したウイルスや細菌を撃退し、がんやインフルエンザを予防することができます

また、抗酸化物質を摂取することで糖尿病のリスクが低下するともいわれています。

 

そして、脂肪やコレステロールが酸化によって変化し、血管内に蓄積する悪玉コレステロールができる心配も活性酸素の除去によって予防することができます。

悪玉コレステロールの蓄積は、動脈硬化、心筋梗塞・脳梗塞を引き起こしますが、根本的な解決によっていづれも予防に役立ちます。

冷え性予防 寒さよ、さらば。

血栓が血液中にできにくくすることによって毛細血管の血液の流れを良くします。これが冷え性予防へと直結します。

自律神経を整えて疲労回復だ!

自律神経は、活動時や緊張時に働いて心身を活発にする交感神経と休息時に働いて心身をリラックスさせる副交感神経とのバランスをとる物質で、精神の安定に欠かせない物質です。

もしこの自律神経が正常でなくなると、自律神経失調症など心の病になってしまう可能性があります。

高麗人参の有効成分であるジンセノサイドは、自律神経を整える効果を持っています。

高麗人参の有効成分であるジンセノサイドは、自律神経を整える効果を持っています。

自律神経を整えることで、すべての細胞に良質な血液をいきわたらせることができ、日常的にもよりよいパフォーマンスができようになります。

美容面でいえば、ストレスが原因となってできる大人ニキビを防ぎます。

現代は、様々なストレスを感じることが多く、交感神経が働く割合が大きくなってしまうため心のバランスが取れていない人が増加してしまっている状態らしいので、自律神経を整えることは現代において特に重要なんですね。

ストレスによる疲労は自律神経の負担から起きるものなので、自律神経を整えることで、疲労を回復できるのです。

血圧を正常値に!

高麗人参に含まれているアダプトゲンは、長時間の服用が可能で、副作用の少ない天然ハーブのことです。

また、アダプトゲンには、精神的・肉体的ストレスへの抵抗力を高める抗ストレス作用があります。

さらに、免疫システムやホルモンバランスを整えてくれて、血圧を正常値にしてくれます。(高血圧の場合は血圧を下げて、低血圧の場合は血圧を上げます。)

アンチエイジング効果

アンチエイジングとは、老化予防のことです。

シャーク先輩
これを徹底すれば、実年齢よりも若く見られるということか!

なんでも先生
具体的に、アンチエイジング効果を見ていくぞよ!

美しい黒髪・肌へ

さっきも書いたのですが、サポニンは、血液の流れを良くする効果があります。

そのため、頭皮全体に栄養分が行き届くので、キレイな黒髪が実現するといわれます。

また、血流が良くなることによって、腸の働きが高まり、ニキビ等の肌トラブルを引き起こす便秘の予防もできます。

さらに、高麗人参に含まれている美容・健康に不可欠な良質なミネラルが美しい肌を作ってくれるともいわれています。

デトックス効果で美肌へ

デトックス効果とは、シミやニキビといった肌トラブルの原因となる老廃物を取り除くことです。

高麗人参が肝臓の代謝を高め、解毒作用が活発になったことで実現します。

シミやニキビの心配がない美肌が期待できそうです。

高麗人参の得するマメ知識!

高麗人参はどうやって摂取すればいいんだい!?

ドラッグストアや通販では、多くの高麗人参グッズが販売されています。

お茶、粉末、そのままのもの、とありますが、圧倒的に多いのはサプリメントです。

でも、同じ高麗人参のサプリメントなのに、市販のものと通販のものでは値段が全然違うんです。私も思わず二度見してしまいました。

気になるその違いは、紅参です。

気になるその違いは、紅参です。

主な市販のお買い得な高麗人参サプリの裏面には記載されていないものです。

紅参の驚くべき効能

紅参とは、6年間栄養を吸収して、丁寧に栽培されたものです

紅参を栽培した後は、10年ほど休ませる必要があるくらいの栄養を吸収するのです。

そのため、含有成分も格段に豊富になっていて、主要成分であるサポニンの含有量・その根の重さは実に4年根の2倍になるともいわれています。

栽培に並々ならぬ労力を費やすこともあり、超高級食材とされています。

紅参の驚くべき効果…
  1. 疲労回復
  2. 血圧正常化
  3. 不眠改善
  4. 肩こり・腰痛・関節痛緩和
  5. 糖尿改善
  6. 冷え性改善
  7. ストレス緩和・自律神経失調症改善
  8. むくみ改善
  9. 便秘解消
  10. 胃弱改善
  11. 肥満改善
  12. 免疫強化(vsインフルエンザ)
  13. 滋養強壮
  14. 二日酔い対策
  15. 認知症改善
  16. 肝臓病改善
  17. 骨粗しょう症改善
  18. 抗酸化作用

シャーク先輩
いや、多すぎでしょ… これは値段が高くなるにきまってる…

なんでも先生
より高い質を求めるのであれば、紅参が含有しているサプリメントを購入することをお勧めします。

参考文献

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3
https://kgcshop.jp/html/aboutitems01.html
https://imidapeptide.jp/fatigue.html

https://gansupport.jp/article/treatment/alternative/kampo/4225.html
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/021486.php
https://next.rikunabi.com/journal/20161102_p/
https://www.news-postseven.com/archives/20120423_104251.html
https://tenki.jp/suppl/grapefruit_j02/2016/10/25/16701.html
https://josei-bigaku.jp/ashwagandha1807/

【サムネイル写真】

良好倶楽部 https://ryoko-club.com/food/korean-ginseng-nutrition.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です